女性が性病検査を受けるべき理由

ヘルペス治療にはバルトレックスを通販で購入

カンジダ症は、パートナーから感染する場合もありますが、もともと人の体内にある菌とも言われ、風邪やストレス、睡眠不足、疲労などの体力が落ちた時に起きやすい病気です。
それ以外にも、風邪や膀胱炎、淋菌、クラミジアなどの治療で抗生物質を服用した後に発症することもあります。
カンジダは酵母カビの一種で、膣や外陰部などにもいます。
誰かからうつされると言うよりは、免疫力低下や抗生物質の服用による場合の方が多いです。
風呂やトイレ、食器共有などでは感染しません。
男性の場合、性器にカンジダ菌を保有していてもほとんど症状がありません。
包茎、糖尿病、ステロイド剤の投与が原因で症状が現れる場合があります。
その主な症状としては、亀頭のかゆみやただれなどがあります。
女性の場合は、膣や外陰部に同時に症状が現れることが多く、外陰膣カンジダ症と言われています。
主な症状としては、かゆみ、ヨーグルト状のおりもの増加、性器の炎症、性交痛、排尿障害などがあります。
また、妊娠時やピル使用時にもカンジダ症になりやすくなっています。
女性が性病検査を受けるべき理由としては、母子感染する可能性が高いためです。
妊娠中カンジダ感染すると、出産時に産道感染を起こすことがあります。
それにより、胎児が鷲口瘡や先天性皮膚カンジダ症などを発症してしまう場合があります。
治療法としては、イミダゾール系抗真菌剤である膣錠やエンペシドクリームなどのクリームや軟膏を使用して行います。
このエンペシドクリーム 副作用として、局所の熱感、刺激感、かゆみ、発赤、発疹などがある場合があります。
こういった治療薬と並行して、女性の場合は一般的には連日通院して、膣洗浄が必要となります。